【整備-レール&BOX】問題

 →整備-レール&BOXの解答用紙はこちら

アイテム別に見る整備知識
 
整備をするためには技術だけではなく、キャリアからくる知識が役に立ちます。ここではその知識を見ていきましょう。

整備
d. レール&BOX

1 【レール】
<注意点>
〇 (1)が外れていないかこまめにチェックする
〇 (2)をこまめにチェックする
〇 レ―ルに(3)を塗る(塗り過ぎないように注意する)
○ 雪が安定しないときの設置は、(4)を台座として使用し(5)を出す
○ アイテムの(6)の初卸の際はヤスリで(7)を落とす
○ アイテムの足はトップシーズンで(8)cm、春で(9)cm埋めるようにする
〇 ささくれは(10)でたたいてつぶす、もしくは(11)で削る
〇 足回りは、ぐらつきがないよう常に(12)で踏み固める
〇 足回りが硬くて踏めない場合は踵の幅だけ(13)いて踏む
〇 理想は(14)の飛び出し角度の延長線上にレールの(15)があるようにする
〇 整備するときは、レールの入り口に(16)(17)を飛ばされないように置いてから作業に入り、完全に(18)まで整備が終わった時点で他のディガーの動きに注意して開放する

<キック> ※ボックスも共通
〇 雪上車で仕上がりきれない(19)(20)などできれいに仕上げる
〇 そのアイテムの長さをメイクする事ができる(21)をイメージする
〇 キックの(22)部がアイテムの(23)への延長線上に来る位置に作る
〇 キックの(24)を大きくする(フラットに近い(25)を出す)
〇 リップの(26)(27)に気をつけ、(28)や段差、凹凸ができないようにする

<バナー・フラッグ・ネット> ※ボックスも共通
〇 バナーやネットをレールの脇に立てるときは(29)メートル以上離して立てる
〇 レールの(30)(31)が、他のお客様の(32)と交錯する様であれば(33)で規制する
〇 バナーとネットは整備時に邪魔になるのですべて毎日(34)して朝一番で(35)する
〇 バナー・フラッグはレールとレールの間や(36)周辺には設置しない(ランディング後に突っ込む可能性大)

<レイキ> ※ボックスも共通
〇 レールのキッカーが掘れたら、両脇に逃げた(37)を削って掘れた部分に移動させ少し雪を盛ってたたいて成形する
〇 (38)のレイキをかける角度は滑るラインに対して(39)にする
〇 キックは極力(40)で仕上げる
〇 キックのレイキはリップラインに対して(41)°でかける
〇 キックエッジは進行方向に対して(42)になるように削る
〇 キック面は(43)に対して極力フラットに近い方がいい
〇 キックの整備は最初トップを(44)にする、そこから斜めに(45)になるようにかける、そうして行く中で凹んだところを埋めていく
〇 レールのテイクオフなど手作業で雪を積んで作ったものは、最後にレイキの背中で(46)をつけて仕上げる
〇 アイテムの(47)(48)もきれいに均す

<スコップ> ※ボックスも共通
〇 整備する時に雪が(49)い場合は(固まらないときも)盛るだけにして表面の大きな凸凹だけ軽く(50)いておけばよい
〇 レールの足元を掘るときは(51)°でレールに向って掘り下げ深い場合は徐々に(52)ていく
〇 レールの足元は非常に(53)くなるため、(54)を利用して(55)を砕きながら掘り進む

<インク> ※ボックスも共通
〇 エッジラインは、キックの(56)幅めいっぱいに引く
〇 ランディングの(57)で横線を数本引く
〇 天候が悪いときは、キックに縦線をキックの(58)から引き、(59)にインクを散らす

<硫安> ※ボックスも共通
〇 袋に(60)にして持ち整備した後に少しだけ(61)に撒く
〇 レールの足元に撒くときは(62)に軽くぶつけるように少しだけ撒く
〇 レールの(63)に撒くのは、(64)などですぐに掘れてしまう時だけで、その量も他の場所でテストしてから撒くようにする
〇 (65)に撒くときは、レールの入り口と同じ高さの(66)側の斜面まで撒く

<アプローチの補修> ※ボックスも共通
〇 ひどく荒れている場合は(67)を使ってきれいに均す
〇 全体的に荒れている、雪が積もって滑りにくいなどのときは、アプローチ全体を(68)する

<スタート位置の設定> ※ボックスも共通
〇 テストランの時に(69)を決め(70)を立てる
〇 天候、(71)、雪の状況で(72)は刻一刻と変わるので、定期的にチェックしその都度変更する

<オープン・クローズのタイミング> ※ボックスも共通
〇 基本的なオープン、クローズの(73)は決めておく
〇 テストランを終えて(74)がなければオープンする
〇 キックの(75)方や全体の(76)方、冷えて(77)くなっている場所をみて、危険がある場合はすぐにクローズする

2 【BOX】
<注意点>
〇 設置換えで雪面をフラットにするのは困難なので、おおまかなフラットができたら、アイテムを置いてから雪を(78)たり足元にスコップを挿して(79)たりして調整する
〇 (80)(天板(滑走面))が滑らなくなったら(81)でこする
○ (82)を使用して水平を出す、この際に天板の一箇所で計るだけでは、天板のうねりで水平が出ないので(83)のあるところ(84)点で見る
○ 雪が安定しないときの設置は、(85)を台座として使用し(86)を出す
○ アイテムの(87)の初卸の際は(88)でペンキを落とす
○ 天板の(89)は汚れていると滑らないので、(90)でこすり新しい面を出す
○ アイテムの足はトップシーズンで(91)cm、春で(92)cm埋めるようにする
〇 (93)が外れていないかこまめにチェックする
〇 (94)をこまめにチェックする
〇 ボックスには(95)を塗る(塗り過ぎないように注意する)
〇 ささくれは(96)でたたいてつぶす、もしくは(97)で削る
〇 足回りは、ぐらつきがないよう常に(98)で踏み固める
〇 足回りが硬くて踏めない場合は踵の幅だけ(99)て踏む
〇 理想は(100)の飛び出し角度の延長線上にレールの(101)があるようにする 
〇 整備するときは、ボックスの入り口に(102)(103)を飛ばされないように置いてから作業に入り、完全に(104)まで整備が終わった時点で他のディガーの動きに注意して開放する